SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

cestaの旅 古本と雑貨と、時々、ビール

チェコを中心とした買い付け旅に関するあれこれ。
<< ブダペストの夜 | main | 一杯のグヤーシュ >>
フォアグラのディナー


旅の楽しみの一つは「食」ですよね。

買い付けの時は観光が殆ど出来ないので、夜の食事は何よりの楽しみで、普段は慎ましい生活をしている私ですが、物価の安いハンガリーチェコなどではつい気が大きくなり、食事は結構強気な注文で現地の料理をいただきます。

買い付けは基本一人で行ってるので、食事も殆ど一人寂しくとなる訳ですが、宿で知り合った日本人と一緒に行ったり、一人で食べてても外人さんから話しかけられ(言葉がわからないので残念ながらあまり盛り上がりませんが)、楽しく過ごせる事も多いです。

さて、皆さんフォアグラって知ってますか?

世界3大珍味の1つと言われるガチョウに無理やり食事を詰め込み、肥大させた肝臓で、日本ではフランス料理で出てくる高食材です。

フォアグラと言えばフランスのイメージですが、意外やハンガリーはフォアグラの名産地で、日本にも多く輸入されていているそうです。

そしてこの高級食材がハンガリーでは格安で食す事が出来る、という事で、今回初めてハンガリーでフォアグラを食べて来ました。

写真手前の焼肉定職みたいなものが高級食材「フォアグラのソテー」です。

どうでしょう、見た感じからして皆さんのイメージしたフォアグラ料理とはちょっと違うんじゃないですか?

そこはフォアグラの本場ハンガリーですから、こんなのもあるんですよ。

しっかり火の通ったフォアグラは、普通のレバーとそんなに変わりなく、レバーが苦手なぼくにはちょっと厳しい料理でした。

僕も日本では過去に数回、何かの間違いで食べた事がある程度なのでエラそうな事は言えませんが、フォアグラはもっと美味しいってイメージなんだけどな・・・

と言う事で、ブダペストの安い食堂で食べたハンガリーでの初フォアグラは失敗に終わりましたが、もうちょっとちゃんとしたレストランでリベンジしたいと思います。

因みに、ここは他の料理はまあまあ美味しかったし、2人で料理4品とビール2杯ずつで3000円ちょっと位と、気軽にハンガリー料理が食べられる良い店でした。
| - | 16:55 | comments(0) | - | - | - |