SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

cestaの旅 古本と雑貨と、時々、ビール

チェコを中心とした買い付け旅に関するあれこれ。
<< plzenでPilsner Urquell | main | 黄金の虎で黄金のビールを >>
ウルケルとグラーシュのある幸せ


ピルスナー・ウルケル醸造所の門をくぐってしばらく進むと右手にレストラン「Na Spilce」の入り口があります。
一階にはピルスナー・ウルケル・グッズのお店があり、レストランは地下になります。
店内はとても広く、僕の行った日は平日の夜8時頃だったんですが、10組程しか入ってなかったのでガラガラでした。

ピルスナー・ウルケル、グラーシュ、ブランボラークとチェコの王道メニューをオーダー。
早速運ばれてきたウルケルを飲みましたが、これがもう本当に美味しかったです。
すっきりとした飲み口と程よい苦味に何とも言えない良い香りが鼻を抜けて行きます。
今回はチェコに入ってからあまり体調が良くなく、せっかくのビールも満足に楽しめない日が続いていたんですが、ここのウルケルは

グラーシュはチェコの代表料理で牛肉のシチューです。
この写真のようにパンをくり抜いて器にして出す所も多く、特にここのはウルケルで煮込んであるだけあって激ウマです。
疲れた身体と心がこのウルケルとグラーシュでかなり癒されました。
ブランボラークとは、ジャガイモのお好み焼きって感じのもので、店によって結構違うんですが、ここのはシンプルなブランボラークに豚肉のローストが付いてくるものでしたが、これがまた美味かったです。

このレストランは、観光客向けなのに良心的な値段で世界一美味しいビールと美味しいチェコ料理が食べられるオススメ店です。
いつか醸造所見学ツアーに参加して出来立てウルケルを飲んでみたいです。

ピルスナー・ウルケル醸造所はプルゼニュの中心街に近く徒歩圏内ですが、プルゼニュの街はちょっと治安が良くない感じですし、夜は中心街でも人通りが少なく暗がりが多いので帰り道は注意しましょう。
| - | 18:20 | comments(0) | - | - | - |